« 徒然と。 | トップページ | 翔さんよ、プロであれ。 »

母と暮らせば

観てきました!




以下、若干のネタバレあり。



いやー。
ホント、良い映画でした。

まず冒頭の「吉永小百合 二宮和也」と
並んだスーパーを見ただけで鳥肌。

嗚呼。
ニノは本当にあの吉永小百合と共演してるんだって
今更当たり前過ぎることで感動する始末(笑)

しかし吉永小百合さんの美しいことと言ったら。

優しくて時に強く凛々しい母。
吉永さんの話し声がすごく耳に心地よくて
美しさに見惚れて、声に聞き惚れました。

ニノもホントにホントに良かったなぁ。
お母さんに対する優しい声と笑顔。
すごく素敵だった。

亡くなってもおしゃべりでユーモアたっぷりの浩二。
だけど話すことは思い出話ばかりで
決して未来を語ることはない二人の悲哀が物悲しくて…
明るく声を張って話す浩二の姿がホント切なかった。

『死』という結末がハッピーエンドになるなんて。

悲しいのだけど良かったって言える良い終わり方でした。

伸子と浩二は母子だけど恋人同士みたい。

最後二人で支え合いながら天に召される姿が
すごく美しかったです。



ニノは本当に稀有な存在だよね。

アイドルニノはあんなに可愛くキラキラしてるのに
こういった役にピタリとハマるあの独特の雰囲気。

妙な言い方だけど、
嵐のファンであることをより誇りに感じられるような
そんな作品でした。

ニノ担さんはまたひとつ宝物が増えましたね\(^o^)/

|
|

« 徒然と。 | トップページ | 翔さんよ、プロであれ。 »

アラシゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113231/62995521

この記事へのトラックバック一覧です: 母と暮らせば:

« 徒然と。 | トップページ | 翔さんよ、プロであれ。 »