« 余震 | トップページ | 特大!残念グラビア »

ZERO

震災から今日(昨日)で一ヶ月。

夕方5時過ぎにまたもや大きな余震が・・・
福島、茨城で震度6弱とか。

被災地に追い打ちを掛けるかのような大きな余震、
住民の方の恐怖は察するに余りあります。

千葉も震度4とかなり揺れました。

早朝にも少し大きめの地震があったばかりで、
夕方以降も21時前に大きな地震。

テレビはひっきりなしに地震速報を流しています。

一ヶ月も経つというのに
いつまでこんな日が続くのだろうか。

神様、これ以上被災地の人達をいじめないでよ。




そんな今夜のZERO。







翔さんは村尾さんと共に石巻からの中継。

先程の余震、
宮城もかなり揺れたのではないでしょうか。

この一ヶ月、
余震のない日はほとんどと言っていいほど無く、
ましてや被災地はかなり大きな余震が起きることも
少なくない毎日。

そんな被災地に取材に行くということは
ハンパな気持ちでは出来ないことだよね。

いつ、どんな被害に見舞われるとも限らないのだから。

そんな覚悟を胸に秘めているような、
初めて目にした被災地の現状に
心を痛めているのを押し殺しているような、
複雑そうだけど真摯な翔さんの眼差しに
本当に胸が熱くなりました。

村尾さんもホントに凄いよ。

村尾さんなんて震災から三日後には
現地に行って取材してたんだものね。

どんなに危険だったことか。

お二人がどうか無事に帰って来れますように。





行方不明の娘さんを捜し続けるご両親の姿が
直視出来ませんでした・・・

「あんまり出てこないから、どこかで生きてるかも」
という言葉が余りに辛すぎる。

きっと毎日気持ちが揺れ動いていることでしょう。

本当に生きてるのかも・・・って思ったり、
そんなわけないって思ったり。

こんな辛い状況が一ヶ月も続いてるなんて。

たった一瞬で当たり前に一緒にいた人が
急にいなくなる現実は、
いくら想像しようとしても想像できない。

早く娘さんがご両親の元に帰れますように。



ボランティアで現地に入ってる方々は
本当に本当に尊敬します。

単純に・・・私だったら出来ない。

自分の生活にいっぱいいっぱいになって、
ちょっとしたことで不平不満を言ってしまう
どうしようもない自分を恥じるのは、
こんな人達を目の当たりにした時です・・・

改めて反省。

自分に出来ることはちゃんとやろう。


自分に出来ること・・・と言えば。

今日の新聞に書いてあったこと。

某有名食品メーカー二社が
福島県内産の加工用トマトの使用について
今年度の契約を見合わせると申し入れたとか。

安全性が確認できないというのが理由だそうですが、
基準を超える放射性物質は一度も検出されておらず
生産者側は「申し入れは遺憾」とのこと。


これを風評被害と言わず、何と言う。

大手企業がこんなことして恥ずかしくないのかしら。

むしろ「福島の安全なトマトを使ってます」って言って
福島に元気与えるくらいのことしてもいいくらいじゃない?

千葉県産や茨城県産の野菜も場合によっては
出荷制限が掛けられているモノもあるようですが、
「これは安全」と言ってお店に並べられているモノは
私は躊躇なく買いたいと思います!

ボランティアで現地に行くなんて立派なことは
私にはとても出来ないけど、
せめて被災地の方々が謂れのない被害に遭わないよう
小さなことだけど協力したいと思います。




本当にこの一ヶ月、いろんなことを考えました。

今までどんだけぼんやり生きてたんだかってくらい
いろんなことを考えて、いろんなことを想いました。

きっとまだまだ毎日いろんなことを想うでしょう。

それが最後に翔さんの言っていた、
「大切なのは被災地以外の人が忘れないこと」
ということなんだよね。


本当に本当に。

一日も早い復興を祈っています。

|
|

« 余震 | トップページ | 特大!残念グラビア »

アラシゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 余震 | トップページ | 特大!残念グラビア »