« Monsterのジャケ写 | トップページ | ステキタイトルバック »

ついに始まりやがった!

嵐にしやがれ、始動!



率直な感想は・・・

面白いんだか面白くないんだかわからない(爆)


いやホント、変な感想だとは思うのですけどね。
全く正直な想いです。

つまらなくはなかったのよ、マジで。
とにもかくにもニノの「泉ピン子か!」には抱腹絶倒。
あそこであの発言が飛び出す機転と勇気(笑)
「天才!」と思いましたよ。

それこそ「素人か!」とツッこみたくなるMC大野。
私も若干イラッとした(爆)にぎやかし松潤。
「(有吉さんの)どこ褒めればいいの?」などという
失礼発言をキューティオーラで可愛らしさに
変えちゃった相葉ちゃんもね。

翔さんのうんちくは痛々しかったですけども(汗)
そりゃ本人も「(うんちくは)要らなくない?」って
言いたくもなるっしょ!
それよりも何よりも彼にうんちくの引き出しはないっしょ!
「キャスター=うんちく」は強引過ぎるわ~~
いつ切り込んでやろうか常に伺ってる様子が
殺気となってビリビリきてる感じもイタ可愛かった(爆)

そんな痛々しさもひっくるめて面白くは思ったんですけど。

・・・・う~ん、多分ね。
普通のテンションで見たら全然面白かった。
だけども「どうか嵐ちゃんのようにはなりませんように」という
想いを抱きつつ見ると、やっぱり・・・不安?(汗)

もはやどちらがゲストなのかわからなかった雰囲気もね。
「誰がゲストかわからない」という戸惑いがあったとしても
ああまでゲストに持っていかれちゃうなんてね~

しゃべくりも全く同じ状況だけど、
さんまさん並みのゲストが来ても絶対主導権は
持って行かれてないもんなぁ。
実はちょっと苦手な上田さんですが、
そんなところはMCとして凄いんだろうな~と思いました。

余談ですが、有田さんの方は大大大好きなの。
しゃべくりでの泰造さんとのにぎやかしは天下一品です(笑)

それにしても、
あの展開ならば有吉さんだけはOAまで伏せとくべきでは?
あそこは誰が出てくるかわからない方が断然面白かったよね。



それはともかく。

アニキゲストが来てその道をレクチャーするというならば、
来る人によってやる事も空気も全く違ってくるだろうから
一回目だけであーだこーだ言っちゃダメですね!

今後に期待しやがれ!ですな。



ここからは今回の新番から派生した想い。

ファン歴の浅い私ですが、
たわごとと思ってお聞き流し下さいませ。

・・・・・・・

・・・・・・・

最近、お友達のご厚意でC・D・Gの貴重な映像を
見る機会がありまして、
(ありがとね!=私信)
それを見つつ、『嵐にしやがれ』を見て感じたこと。


私はずっと嵐にはまごまごやCDGみたいな雰囲気の
番組が合ってるのにな~と思っていましたが
今はそうじゃないのかもなぁ・・と思うようになりました。

もちろん、まごまごやCDGは間違いなく面白かった!

だけども、
その“面白さ”にとって最も重要だったのが
嵐の持つ“マイナー感”だったのではないかなぁ、と。

Aの嵐は決して仰々しい実験などではなく、
むしろアングラな匂いをプンプンさせていて。
やってることも使ってるモノも
まるで素人の延長線上な感じでさ。

ロケに出て一般人と触れ合っている時、
その空気にわずかに含まれる「この人誰?」的な匂い。

あの頃だってアイドルとして十分人気はあっただろうけど、
なんとなく・・うっすら・・相手が「この人誰?」って
思ってそうな、そんなマイナー感。

そんな空気の中で自由に飛び回ってる嵐が
面白さの主軸だったんじゃないかな~と思ったのです。

しやがれのコーナー『未知との遭遇しやがれ』もそう。
今日の値切り術もCDG時代の翔さんがやったら
圧倒的に今より面白かったんじゃないかなぁ。
「この人誰?」的な空気をバシバシ感じながら、
CCDカメラを仕込んで単身乗り込んで行ったとしたら・・・
店員さんの怪訝そうな顔や必死にレクチャーどおりに
振る舞う翔さん・・・想像しただけで可笑しくなっちゃうよ。


嵐の面白さに“マイナー感”は最重要素だと思うのです。

でも今の嵐にマイナー感なんて到底縁のない話なわけで。

今の嵐に昔みたいな嵐を求めちゃいけないのかな~と
思ったわけです。

だからきっと。

今の嵐にはしやがれのような番組が相応しいのかも。

だけど昔の番組の方が面白かったのになぁ・・と
比較してしまうと途端につまらなく感じちゃう。

でも更に言うと、
今の嵐に昔みたいな番組をやって貰ったとしても
ほんの少しだけ期待外れになっちゃうかもなぁ~とも
感じました。

人気が沸騰してからファンになった私が
言うことじゃないかもしれないけどね(汗)

でもかつての若く初々しい嵐くんが
いろんなことに挑戦したり怒られたりする姿を
見ていたら、思わずそう思ってしまったのよ。

本人達は何も変わっていなくとも、
彼らが立っている場所は明らかに変わっているんだなぁ。

いかようにも出来る無名なタレントを面白くすることより、
一見視聴率を取れそうな人気タレントを面白くすることの方が
数倍難しいんじゃないのかな。

だからこそ、
人気ばかりでなく中身の充実した番組を強く希望したいです。




嵐にしやがれ・・・頑張りやがれ!!!

|
|

« Monsterのジャケ写 | トップページ | ステキタイトルバック »

アラシゴト」カテゴリの記事

コメント

ひろひろさん、こんばんは。
いや〜、ひろひろさん、あなたいったい何者ですか?(笑)
すばらしい分析力(拍手)いちいち頷き&納得しましたよ、私。
お酒飲みながらゆっくり伺いたいわ!
またゆっくり長々とおじゃまするかもしれません。その時はお付き合い下さいね。
でね、またまたうちの娘…「あのナレーションやだ〜。もしかしてアナゴさん?」と…たしかに、そうかも…「フグタく〜ん」とか言ってくれないかな…

投稿: ピッピ | 2010年4月25日 (日) 22時02分

ピッピさん、こんばんは~☆
やだなぁ~ ピッピさんたら!(照)
こんなの分析じゃなくてボヤキですよ~
今の嵐くん達も可愛くて面白くて文句なしなんだけど、
やっぱり昔の番組の絶妙な面白さは
本当に「昔だったから」なんだな~としみじみ思いました。
ホント・・・お酒飲みながら語り合いたいですね(笑)
“嵐バラエティー論”?・・・なんか私ウザそうだけど(爆)
そうそう!
私もあのナレーションの人、アナゴさんみたいって
昔から思ってたんですよ~~(笑)
まさかホントにアナゴさん役の声優さん??
違うよね・・・?
調べりゃいいんだけどアラシゴト以外には腰が重いワタシ!
しかし「フグタく~ん」が容易に想像できるし・・・
どうなんだーー!!

投稿: ひろひろ→ピッピさん | 2010年4月27日 (火) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Monsterのジャケ写 | トップページ | ステキタイトルバック »