« 初日終了 | トップページ | “嵐”の最終日参戦 »

国立2日目参戦

もうね、詳しい参戦レポはよその方にお任せして、
私はふわっと(笑)楽しもう!と思っていたら。

ここまで、“ふわっと”しちゃうとは!(爆)

この曖昧な記憶をなんとか引っ張り出して
感想を書いてみたいと思います。

ちなみに。
セットリストなんか書いてないよ~ん。
覚えることなんか出来なかったので(爆)

でも、ネタバレあり。

散々「ネタバレなしで臨め!」と言われた意味が、
始まった瞬間にわかりました。

私、基本ネタバレOKで、
むしろ事前にポイントを押さえて臨みたいタイプなのですが、
これは本当に知らないでいて良かった!!!

OVERTURE で10年間のシングル映像が流れ、
「1999」「2004」「2007」・・・・と文字が。
2009に近づくにつれ心拍数が急上昇で、
早くももう死にそう・・・と(笑)
まだ本人達も出ていないのに!

OP曲『感謝カンゲキ雨嵐』。
嵐くんは一体どこにいるのーー!!と、見つけられず
あわあわしていたら、なんとメインステ上空に!!

これには全く度肝を抜かれました。

上空を華麗に横断し、バクステへ。
バクステに降り立った彼らがもの凄く近くて、
なんだか超テンパリました(笑)

本物って気がしなかったよ・・・
こんな近くにいても、テレビで観てるみたいだった。

それにしても今回の演出。
翔さんにとって苛酷だったのではないかしら?

「カッコイイーーー!!!」と思うと同時に、
「もうじき辿り着くからね、頑張れ」という気持ちに(笑)

そこで、5人がちまっと丸まったので、
「これは!」と胸がトキメキ、ステゴーへ。

もうこの辺りから記憶が曖昧になり始めたので(早い)、
後は所々ざっくりと感じたことだけを。

全部を観て感じたことは、
「10周年だからって“感動”の連続な演出ばかりでなく、
ちょっとオチャメな所も盛り込んでメリハリあったな~」
ということ。

私が一番心に沁みたのは、『明日の記憶』のバックに
5人の幼少期の写真が流されたところ。

ヤンチャな少年時代の写真も可愛かったけど、
お母さんに抱かれた生まれたばかりの彼らを見た時
胸にドーンときましたよ。

こんな・・・こんな小さな赤ちゃんが、
日本一の人気者になっちゃうなんて・・・って。

オチャメ演出と言えば、断然!
『アレルギー』と『A・RA・SHI』

白菜を抱えて可愛く踊る翔さんが忘れられない・・・
初日はエア白菜だったとか??

そして!
そして!そして!!!!

いやぁ~まさかこの目で、伝説のスケスケ衣装が
見れる日がやってくるとは思いませんでした(笑)

冗談半分で「スケスケ復活希望」なんて言ってても
そんなまさかね~・・・て感じだもん。

10年前の華奢な少年が着るスケスケとは
また違った新たな魅力がさ。
ほら・・・ち○びとかさ(爆)

10代の少年のち○びより、
いい歳した男性のスケスケ越しの・・・てのがね(爆)

お尻ふりふり歩く姿に、腹抱えて笑いました。
オチャメ過ぎる!

で、かなり意外だったのが、ソロ曲。
みんな、それぞれに縁がある曲をアレンジして歌ってました。

相葉ちゃん 『PIKA☆NCHI』
ニノ     『言葉より大切なもの』
大野くん  『曇りのち、快晴』
翔さん   『とまどいながら』
松潤    『WISH』

相葉ちゃんがすごくハードな感じでカッコ良かったな~
いつも笑顔満載カワイイ系が多いものね。
男くさくて、ゴリゴリしてた。

ニノは、私には全く“アイドル”に見えなかったよ。
ギター抱えてスタンドマイクに向かう姿はザ・バンドマン。
いや、ギターが大好きで片時も手放さなさず
ストリートで歌うカワイイギター小僧のような(笑)
とにかく可愛らしさとカッコ良さが不思議に融合してました。

大野くんはね、
なんとなく・・いやきっと、健太おにいさんだろうな、と。
でもパピプぺポンの衣装を生で見た時は
なんだか感動!
「うわぁ~本物だ!」とモーレツに思いました。
改めて、あの衣装は凄いな・・と(笑)

翔さんはね・・・
意外や意外、私には“超アイドル”に見えました。
ダンスとか、う~ん・・全体の雰囲気が
「相葉ちゃん的」というか。
決して笑顔でにっこにこじゃないのに可愛いの。
そして何より、声が違った。
少年のような、でもデビュー当時とは全然違って。
うむぅ~・・・上手く言えないけど。
「初めて聴いた声」って感じ。
そして、その声が切なく甘く・・・とにかくステキ!
でも演出が少しあっさりし過ぎかな~とも思いました。

松潤。
本当に彼は「魅せるのが上手い」と思いましたよ。
女子のハートを嫌でも盛り上げる!って感じ。
いつでもどこでも王子様なんだよな~って。
そんでもって、WISHだから余計にね。
花男の切なさが甦ってキュンキュンでした。

最後の挨拶の時、翔さんが
「もう一度あの日に戻るとしても、同じ道を選ぶと思います」
と言いました。
あの歌の、あのフレーズ。
雑誌でも、何度か同じことを言ってた。
この翔さんの言葉を彼の口から聞けたことが
すごく・・・すごく嬉しかった。
私の人生にも、小さいながらも沢山の選択があったと思う。
どの時期に戻ることがあっても、私も必ず同じ選択をして
嵐を好きになる「今」に絶対辿り着きたい。
そんなふうに強く感じました。

そして、その流れで『5×10』
「僕たちからは たくさんの愛の~♪」
翔さんの歌声を絶対に忘れないように
一生懸命聴いて、心に焼きつけました。

アンコールの最後の最後。

もう一度、『A・RA・SHI』を歌ってくれました。
その時彼らは、私から物凄く近い聖火台前。

そこからバクステに降りて行く時、
今回最大級に翔さんが近くにいてくれて、
私に目を合わせて(と信じて)両手を振ってくれました。
私も、ちぎれるほど振り返しました。

・・・・悔いなし。




今回の国立コン、私は30日のみ参戦予定でしたが
嵐友さんが声を掛けて下さり、29日も参戦に至りました。
本当にありがとう。感謝しても、しきれません。

彼女は帰宅の都合上アンコールの途中で帰りましたが、
彼女の分まで大野くんに手を振ったからね!(笑)

|
|

« 初日終了 | トップページ | “嵐”の最終日参戦 »

アラシゴト」カテゴリの記事

コメント

ひろひろさん、おかえりなさい~♪
今日の雨は大丈夫だったでしょうか?
家で心配していました。

2日目レポ、読ませていただきました☆
スケスケ衣装は私も「やらないかなぁ」と思っていたのですが、
まさか本当にやるとは(笑)

1日目にグッズを買いに行った時に、
少しでも雰囲気を堪能できて幸せでした♪
音漏れだけでも幸せになれる嵐ってスゴイ(笑)

早くDVDで見たいです!
頼むよ!Jstormさん!!!

投稿: ぽん | 2009年8月30日 (日) 23時58分

ぽんさん!コメントありがとう~
雨はね・・・凄かったです(涙)
ホントに始まる直前までは止んでいたのに
始まった途端降り出して。
しかもアンコあたりはちょっと小雨に(爆)
この大雨をもたらした雨雲。
嵐と共にやってきて、嵐と共に去って行ったって感じ。
ベタだけど、嵐を巻き起こしたってことで(笑)

スケスケは、私も完全NOネタバレで臨んだので
衝撃&大笑いでしたよ~
成人男性が着るスケスケ・・・
早くDVDで確認して欲しい(笑)

次のレポでも書いたのですが、嵐くん、
今回は大雨だっただけに音漏れ組さんも
気に掛けていたんですよ~
翔さんが外に声を掛けた時にはびっくりと同時に
すごく感動しました。
会場の人達だけでなく、ファン全員に平等に接してるんだなって。
だからきっと、1日目の音漏れ組さんのことも
心の中では気にしてたはず!
優しいね~ 翔さん。

投稿: ひろひろ→ぽんさん | 2009年8月31日 (月) 02時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初日終了 | トップページ | “嵐”の最終日参戦 »