« じいちゃん二人に癒されて | トップページ | そうじゃないんだ »

嵐ヒストリー1980~

ぴあ 買いました~

実は普段はあんまり雑誌のテキスト重視ではないワタシなのですが、「ぴあ」に関してはいつも面白いな~と引き込まれちゃうのです。

『そして 僕らは嵐になった』

ARASHI STORY 1980‐2009

この1980~てのが、なんとも「ぴあ」らしいなぁ。

10周年で盛り上がる中、「1999~」じゃなく「1980~」にほっこりと温かい気持ちに。

最年長の大野くんがこの世に生を受けた日から“嵐の歴史”が始まってるんだもんね。

タイトルページの、星空の中眠ってる姿が、この広い宇宙の中で運命的に出会った5人なんだな~・・なんて感慨深い気持ちになっちゃいました。

そして寝顔がカワイイ・・・むふふ。

5人の生い立ちから10周年を振り返るなんてね~

なんとも壮大な!(笑)

生誕エピソードひとつ取っても、5人それぞれ個性的。

そして、改めて5人全員が長男なんだっけね~と気付いて、この穏やかな集団はこんなところからも来ているのかもな・・って思ったり。

元気で普通な子供時代の話は、読んでてありがたい気持ち(?)になっちゃいました。

こんな普通な子供がよくぞトップアイドルになってくれました。

神様、ありがとう!・・・みたいな(笑)

必死の学業両立や、単身京都へ向かったり、“嵐”として ひとつの束になるまでの道は様々だけど、全てが成るべくして成った重要な通過点なんだと改めて実感しました。

翔さんの言う学業との両立は、聞く度にいつも「大変だったんだな~」と思っていたけれど、雑誌のテキストとして簡潔に『Jr.になって何が変わった?・・・むしろ何も変えちゃいけなかった』と書かれると、凄くズシンときます。

簡潔ゆえに“それが全て”という気がして。

上手く言えないなぁ~

「あれやこれや大変でした」と長々言葉で聞くよりも、「何ひとつ変わっちゃいけないと思った」という一言を文章として読む方が、胸にドンときたんですよね~

Jr.時代の翔さんには、それが全てだったんだな~って。

相葉ちゃんが語る高校時代の話も なんだかちょっぴり切なくなったけど、それもこれも将来かけがえのない仲間を得るための“ささやかな代償”なのだとしたら、少しは救われるのかな・・とも思ったり。

とにもかくにも、“こうして彼らは嵐になった”という素晴らしい内容でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

巷では、『5×10』が流れ始めているようですね~

私はまだ、まーーったく聴いておりません。

私はね、絶対発売まで我慢すると決めたの!

・・・ですが。

すごく素敵な曲だと聞いて、ウズウズが止まりません(笑)

我慢できるか?自分!

|
|

« じいちゃん二人に癒されて | トップページ | そうじゃないんだ »

アラシゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« じいちゃん二人に癒されて | トップページ | そうじゃないんだ »