« 電波ジャック・ショウ | トップページ | キス事件・・・余波 »

ちょっと真面目に考えた

かなり出遅れてますが、『スマイル』観ました。

私も皆さん同様、このテーマの重さに胸が詰まりましたよ。

ただ まだ初回だったせいか、ビトがなんでこんなに自我が弱いのかイマイチわからなくて ビトという人物像が掴めないな~とも思いました。

でも初回って、たくさんの出演者の立場を明らかにするだけで精一杯だろうし 物語はまだまだこれからですもんね。

“究極の人間愛”というテーマをしっかり心に留めて、今後も観たいな~と思います。

で、このドラマの宣伝方法について感じたこと。

今日まで長きに渡り、花男シリーズが再放送されていました。

TBSのいつものパターンですね。

そりゃ松潤が主演だし、今回のドラマの謳い文句は「花より男子のスタッフが再集結」ですから、再放送しなくてどうする!って感じだったんでしょうけど。

・・・・なんだか テーマにそぐわないなぁ~と思いました。

一番最初に 松潤のドラマが始まると知った時、タイトルと言い 「花男スタッフ再集結」と言い、きっと女子がドキドキしちゃうような漫画チックなドラマなのかな・・・と思ったくらい。

その後 フィリピン人とのハーフの青年や失語症の少女が登場人物だとわかり、なるほど 重厚なドラマなのだな、と背筋が伸びたのですよ。

何が言いたいかと言うと。

差別・偏見・人間愛がテーマだと言いつつ、花男シリーズをジャンジャン流して 「松潤カッコイイでしょ~」 「花男おもしろいでしょ~ 同じスタッフが作ってるんだよ~」的な宣伝に疑問を感じてしまったんですよね。

例え同じスタッフだとしても、そんなの宣伝材料にしなくていいじゃん!って。

TBSは どこに重きを置いてるのかな? 

今をトキメク(古い?)嵐の松本潤のドラマだという事か。それとも 何度も宣伝文句で使ってる偏見も差別も乗り越える“究極のヒューマンストーリー”なのか。

どっちもだよ!って言われたらそれまでだし、実際そうなんでしょうけども。

いつだかの日曜に スマイルナビって番宣番組を観たのですが、今回 松潤がハーフ役をやるにあたって 実際に何人かのフィリピンと日本のハーフの方に協力して貰ったそうです。

皆さん 少なからず差別的な事を経験していたり、自分が何人なのか分からなくなることも時にはあると語っていました。

で、フィリピン人と日本人のハーフが主人公のドラマが出来て嬉しいとも言っていましたよ。

これをきっかけに理解を深めて欲しいと。

だからこそ、「このフィリピン野郎」なんて台詞を使うには それなりの覚悟と配慮が必要なんじゃないかな~と思ったわけです。

花男をジャンジャン流すくらいなら、松潤にアドバイスしていた女性の話をもっと聞いてみたかったな・・・って思ったり。

頭固いかな?

テレビの世界はそんなもんじゃないんだよ!この素人が!って言われそう(汗)

日テレ番組対抗の世界一受けたい授業の特番に 『アイシテル』チームが出て わきゃわきゃゲームやってるのにも 物凄い違和感を感じた私です。

ドラマだからって闇雲に宣伝しないで、テーマに沿ったやり方をして欲しいなぁ。

話は スマイルに戻りますが、ビトが「フィリピン野郎」と蔑まれたり 濡れ衣着せられて警察に追い詰められた姿を見ると、心の底から悲しさと怒りが湧いてきますね。

差別と偏見とは何だ?と。

余談ですが、数年前スペインに行った時 よく町中で そこら辺のオッサンやお店の人に「チーノ?(中国人?)」と聞かれました。

その度に ツアコンの人が物凄い形相で「ノー!ハポネス!(日本人)」と訂正するのです。

訳を聞くと、ヨーロッパでは今だ中国人に対して偏見が残っているので ちゃんと訂正しなければならないのだとか。

あくまで そのツアコンの人が言っていたことです。

実際そんな事が本当にあるのかはわからないし、中国人に間違えられて嫌な目に遭った事なんかありませんが。

まぁ実際中国人ではないので、中国人か?と聞かれれば 日本人だと訂正しますが、それが偏見ゆえの事だと思うととても悲しいです。

本当のところ、町中で声を掛けてきたオッサンが偏見の意味を込めて「チーノ?」と聞いたのかはわかりません。

「お、アジア人か。日本人かな?韓国人かな?もしかして中国人??」程度だったのかも。

で、世界の人口の5人か6人に一人は中国人なんだから 確率的に考えて「チーノ?」と聞いただけなのかも。

それは今となっては知る由もありませんが、ツアコンの人が必死で訂正するには きっとそれなりの出来事があったのでしょうね。

国籍や人種でひとくくりにする発想って何なんでしょう?

13億人もいる中国人が みんな同じ人格なわけないし、いくら同じ日本人だからって 以前勤めていた所の意地の悪いオバサンと私をひとくくりにして欲しくない!

極論ですね(笑)

なので ビトの未来は救いのあるものであって欲しいなぁ。

ドラマを観ていると、私もビト同様 前田吟さんと いしだあゆみさんに心の救いを求めてしまいます。

こりゃ 入り込み過ぎだわ(汗)

|
|

« 電波ジャック・ショウ | トップページ | キス事件・・・余波 »

アラシゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113231/29220829

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと真面目に考えた:

« 電波ジャック・ショウ | トップページ | キス事件・・・余波 »