« ドラムの魅力 | トップページ | 秋のニーノ祭り »

いまさら、黄色い涙について考える

最近アラシゴトないなぁ~という時は、過去モノを観るに限りますな。

突然、「黄色い涙」を引っぱりだしてみました。

このDVDは、ドリアラ・コンで衝動買いしたモノです。グッズ売り場の出口手前、みんながグッズを抱えてあわあわなってる横に、今まで売り出されたCDだのDVDだのが売られているテントがひっそりありますよね? いつもは、あわあわなってるまんま外に出ちゃうのですが、幸か不幸か(?)今回はいもむしエコバッグにあっさりと荷物が収まってしまい、うっかり覗いてしまったのです。

「黄色い涙」・・・ハッとしました。この映画が公開された2007年・春。ものすごく嵐が気になってるのに、ファンであることを認められない自分がいて毎日悶々と過ごしていたからです(大げさ) ホント映画館で観ときゃよかったよー。5人で映画やるなんて、きっとこれが最後だよー。なにを迷っていたんだか・・・バカバカ!

・・・という理由であっさり購入しました。

話はビックリするくらい逸れますが、あのグッズ売り場の魔力ってなんなんでしょうねー。私はいつも、チケットと一緒に送られてくるグッズ案内を見て大まかに予算を計算して行くのですが(いつも大体六千円くらい)なぜかグッズ売り場のお姉さんが高らかに叫ぶ金額は一万円前後になっているのです(笑) マジック王子に魔法にかけられちゃったかな(マジックと魔法は別物ダヨ!) ドリアラではDVDまで買っちゃったから、とんでもないことになってましたよ!

・・・話、戻ります(笑)

この21世紀を生きる若者で、ここまで昭和の匂いをぷんぷんさせられる若者が他にいますか!? しかも5人グループの全員が揃いも揃って! ニーノはどこであの高度経済成長期の哀愁を身に着けたのか・・・もう戦直後生まれの若者にしか見えませんでした。

それぞれ夢は違うけど、必死に手を伸ばしてもがいている苦しさとか切なさとか。私もこの時代のことはわからないけど、きっと5人が演じた若者はホントにリアルな日本の若者だったんでしょう。

真面目な事言っちゃったけど(照)やっぱり嵐フリークとして語ると、翔さんが最高に良かったです。別にご贔屓だからの贔屓目(?)でなく、あのむさ苦しさといい薄汚さといいだらしなさといい・・・全然ステキじゃない所がステキだった!(わかってくれますか?)そして、一番たいした出来事が起こらない役だったのもステキだった!だけど他の皆に何か起きた時、絶妙な味付けをしていたのもステキだった!寿司にはがり、カレーには福神漬け的な役回りでした。・・・やっぱり贔屓目?

たいした出来事が起こらない・・と言えば、世界の道明寺もささやかな役どころでしたが、YOUは「はなおとこ」でキラキラしちゃいなよ!ってことで、オールオッケーだと思います(笑)

私は最近「ぜーんぜんたいした事が起こらない映画」がとても好きです。

ハリウッド映画みたいに起承転結がくっきりはっきりしててジェットコースターのように話が展開するのも面白いけど、オバサン、つかれちゃうよ!

この前たまたまチケットを頂いて観た「アキレスと亀」もたいした出来事が起こらないとても良い映画でした。樋口可南子さんて綺麗だなぁ・・とぼんやり考えていてもストーリーに支障をきたさない余裕が必要なんです(笑)

という訳で、「黄色い涙」はすごくステキな映画ですね。 最近の嵐くん達のキラキラぶりに目がやられそうになった時観る事をオススメします(笑) 

ただひとつ心配なのは、嵐のファン層の大部分を占めているであろう若い女子が、この哀愁漂う若者の良さを解ってくれるだろうか・・という事です。一歩間違えばみんな相当ダサいですからね!

そういった意味でも、この映画に挑戦した若人5人に敬意を表します!(笑)

|
|

« ドラムの魅力 | トップページ | 秋のニーノ祭り »

アラシゴト」カテゴリの記事

コメント

ひろひろさん、こんばんは★

「黄色い涙」ですね~。
そう言えばTimeの追加コンに行った時に、
そばでなんか黄色い涙の展示場みたいのやってたのに
普通にスルーしてビール飲みに行ったのが悔やまれます。

と言う私は、実はまだ「黄色い涙」に乗り切れてません(キャー!!!)。
でも、ひろひろさんの感想読んだらまた観たくなってきたなー。
あの頃よりチョッピリ大人になったワタシは
また感じ方違うかもし・れ・な・い・し♪

DVD、コン売店で買われたのですね~。
私は売店関係では案外財布の紐が固いんですよね~(笑。
とりあえずことし買った、いもむしストラップが重過ぎて・・・。
ひろひろさんは買われました?携帯につけてる??

投稿: ネイノー | 2008年10月16日 (木) 21時54分

あぁ!そういえば、黄色い涙の展示場みたいなのありましたね!ネイノーさんに言われる今の今まで忘れてましたよ。私もおもいっきりスーパースルーでした(笑)確かに悔やまれます…(涙)
ネイノーさん、財布の紐が固いのですね…ワタクシ、見習わなければなりません。でもね!何がいけないって、グッズの価格が私の予想よりはるかに安いのが悪いんです!(笑)あんなデカイうちわが500円てビックリしませんでした?なんか奴ら(?)のことだから、高い金額ふっかけてくるだろうと思ってたから…ゴニョゴニョ…。という訳で、コン売店の私の財布は伸びきったパンツのゴムのようにがばがばです!
いもむしストラップ…想像以上のデカさ&重さでしたね!しかし今現在もしっかり付けてますよ!今となってはこの重さも愛しいです(笑)相当壊れやすいという噂を耳にしたので、丁重に取り扱ってます。まったく世話の焼けるいもむしです。ネイノーさんも重さに負けず、ぶら下げてますか??

投稿: ひろひろ→ネイノーさん | 2008年10月17日 (金) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113231/24546078

この記事へのトラックバック一覧です: いまさら、黄色い涙について考える:

« ドラムの魅力 | トップページ | 秋のニーノ祭り »